So-net無料ブログ作成
検索選択

アガサ・クリスティ 『アクロイド殺し』 [読書感想文]


アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 文庫



ミステリ界の名作。
2003年のハヤカワ文庫版で読みました。

これを1926年に出したアガサ・クリスティが信じられない。何ですか?天才ですか?神ですか?

残念ながら、私は2010年の現代人でミステリ好きなので、犯人はわかってしまいましたが、それでも最後まで大変面白く、楽しく読めました。
途中で犯人わかって面白く読める作品は多くありません。各章が短めでテンポよく進むのと、シェパード先生のお姉さんのキャロラインが面白くてサクサク読めました。
ポワロさん大好きなのでだいぶ補正が入ってるのかもしれないけど。

クリスティの最高傑作や、世界的なミステリの名作という修飾はお世辞じゃなかったんですね。今更私が賛辞を送るまでもない名作です。

最後に、この作品にまつわるフェアかアンフェアか論争ですが、私が発表当時の読者ならアンフェアと言ったかもしれません。
今はフェアだと思います。

これから読む方は、予備知識なしで、騙されるつもりで読んだ方が楽しいと思います。
ヘイスティングスもジャップ警部も名前しか出てこないのでちょっと淋しいですが、なんせキャロラインとか、カネカネうるさいセシル・アクロイドとかキャラクター豊かで飽きません。


共通テーマ:

スーパーまでが大冒険 [日々。]

今日は初めて、スーパーまでの行って帰ってで1回もエンストしなかった。

去年の夏にペーパー教習に申し込んだ気がする…
乗れるまで半年かかったな…orz

しかし改めて思いました。
私はMTに向いてない…!

なんせめんどくさがりなのでシフトチェンジがもうめんどくさい(-_-)
どうせ頑張って4速に入れたってすぐに信号で止まらないといけないし(5速まで入れる余裕なし)だったら誰もいないからノロノロ走って信号変わるの待とー( ̄ω ̄)
となって、他に車がいないと2速で大体走ってしまいます…
なので40キロ出ない…
他の車が来ると慌ててシフトアップです。

こんなことではいけない!
エンジンに悪い!(たぶん)
旦那にバレたら確実に怒られるので、もっと小まめにシフトチェンジする癖を付けねば…。

……めんどくさいナァ……

共通テーマ:moblog

そうは言われてもね。 [日々。]

最近、子に

子供扱いは止めて!」

と怒られる。

子は年中さん。

気持ちはわかるけど…

困った(-_-;)

共通テーマ:moblog

あけおめです [日々。]


共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。